不動産の保険

【区分マンションオーナー用火災保険】火災と地震の補償の違いをまとめてみた

更新日:

ミランダです。昨年(2018年)、度重なる台風によって修理費がかさんでしまい、イタい目を見ましたので、物件購入から2年越しですがやっとオーナー用の保険に加入しました。

けれど、実際に調べてみると必要な補償内容の選択が難しく、保険内容も、一棟用や自宅用など、だったりと情報が曖昧すぎて混乱しました。

なので、今回は【投資用マンション】のオーナーに向けて、火災保険・地震保険の違いをまとめます。

 

不動産オーナーに必要な保険の種類

「火災保険」と「地震保険」。これら2つはそれぞれ入るわけではありません。

2つがセットになったものや、「火災保険」に地震保証を特約で付け足す形のものがあります。

 

火災保険の補償内容

火災保険

火災保険は、「火災」とは言いますが、火災以外にもあらゆる物的被害が起きた時に補償されるもので、住宅保険の基本中の基本です。

火災保険でカバーされる被害の種類を1つずつ説明していきます。

 

火災保険の種類とは?

火災保険の種類について、メジャーなものから説明します。

繰り返しますが、投資用の区分マンションオーナー向けに整理しています。

火災・落雷・破裂・爆発

火災・落雷・破裂・爆発による損害への補償。この4つの補償は、どの保険会社でも「必須付帯」となっています。

解説しているウェブサイトが少なかったのですが、隣室から出火して自室に燃え移った火災の損害の修復費用は、隣室の保険からは支払われません。
自室が焼けた分は自分で支払う必要があります。

入ってないと一番ヤバイ【最重要項目】です。

風災・雹(ひょう)災・雪災

風災・雹(ひょう)災・雪災への保障は、強風による窓ガラスの破損や、雪やひょうによって破損したカーポートなどの損害を補償するものです。

この補償は省くことができ、「風・ひょう・雪での損害を受ける部分は管理組合の共用部分だから不要」とされています。事実、台風やひょうなどで損害を受けるのはガラス窓などで、マンションの管理組合が正式に機能していれば補償費用が下ります。

ただし、ここから私の個人的な意見ですが、窓には「網戸」もあります。私の物件は、立地上ガラスも網戸も破損しやすく、台風のたびに出費になりました。私は台風被害によってガッツリ自腹を切りました。
修理費用の総額は15,000円。火災保険に5年入れた計算です。なので個人的ですがこれも最重要項目だと考えていますし、あなたにも強くおすすめします。

水災

豪雨や台風などで床上浸水などになり、床や壁にダメージが起きた場合に補償するもの。周辺道路の排水が悪い場合などに。部屋が上層階なら不要。

私が以前借りていた賃貸マンション(建物のすぐ隣が崖になっている)は、大雨のたびに廊下に水が滲み出ていました。お持ちのマンションの現状に不安な方はご検討を。

水ぬれ

給排水設備など建物設備からの漏水により、床や壁に生じた損害などを補償するものです。

入居者用の保険とは違い、設備側の理由によるトラブルが対象。物件が古い、マンションの管理組合がずさんで修繕費用が出そうか心配な場合は入っておくと良いかもしれません。

 

POINTマンションの修繕がしっかりしている、管理組合がしっかりしている、管理組合自体が建物保険に入っている・・・などの状況ならば不要な補償もあると思うので、重複のないようにしましょう!

 

ワンルーム区分マンションの火災保険料の料金相場はいくら?

気になる保険料ですが・・・ワンルーム区分(20平米以下)なら、めちゃ安いです

火災保険だけの場合は年間2,000円〜3,000円で入れます!!

さらに補償内容や特約を付けたい場合は別途料金がかかりますが、火災のみ・地震ナシの場合はめっちゃ安いです!

火災保険の特約

火災保険に付けられる特約は保険会社によって異なるようですが、水漏れが起きて空室になっちゃって、現状復帰&次の入居者が決まるまでの「家賃収入」を補償してくれる・・・なんていう夢みたいな特約もあるので、管理費・修繕積立費が高い部屋をお持ちなら、考えてみると良いかもしれません。

あとは「孤独死特約」なるものも最近出てきました。特約は後から付けることができない事がほとんどなので、気になる方はご検討を。

 

(2)地震保険

地震保険

地震保険は、火災保険で対応できない損害をカバーしてくれます。

単体では入れない保険のため、火災保険とセットでの加入が必須になることは覚えておきましょう。

また、築年数が古いと加入できないケースや保険料が高くなるケースがあるようです。補償内容や見積もり金額はしっかり確認しておくことをオススメします。

以下に、地震保険の内容をまとめます。

 

(2ー1)地震保険の種類

地震・噴火・津波

火災保険で補償できない地震・噴火・津波に由来する自然災害による損傷をカバーします。

補償内容は上記の火災保険と同等の内容のものがほとんどですが、地震保険ならではの特長としては、「地震による間仕切りや壁の歪み」にも対応していることでしょう。

火災保険との違い(表)

補償内容は、地震などによって生じた火災・倒壊に対してカバーしてくれます。

火災・倒壊などの原因 火災保険 地震保険
火災・台風・洪水など ×
地震・噴火・津波 ×

上記のとおり、どちらかというと「火災・地震」の2つの保険のセットで包括的に建物を補償するようなイメージとなります。

火災・台風・洪水などは、発生する頻度が高いけれど、建物への被害は小さい。
地震・噴火・津波は、発生する頻度は低いけれど、建物への被害は大きい。

このリスクの違いをカバーすることができるんですね。

 

(2−2)地震保険料の料金相場

地震保険は火災保険よりもちょっと高く、年間あたり4,000円〜5,000円です。

ただし、地震保険は単体では入ることができませんので、火災保険とセットで入るか特約として付け足すことが必要になります。

火災保険と地震保険を合わせると年間あたり6,000円〜10,000円ほどが相場なようです。

ただし、保有するマンションの築年数や平米数にもよりますので、詳しくは見積もりを取ってみて検討してみると良いと思いますよ!^^

 

(3)不動産オーナー用火災保険の見積もりオススメはココ!

賃貸に出している物件の場合、家財補償を省くことができるため通常のケースよりも保険料が安くなります。

一番安いものでは年間あたり2,000円からありました。

私はズボラですが同時に「損」は絶対したくないドケチなので、ココの一括見積もりサービスを利用してオーナー用の保険を探しました。

↓ ↓ ↓

 

他のページにも書きましたが、区分マンションのオーナーでも入れる保険の一括見積もりはちょっとややこしいので、今の所インズウェブ一択なのかもしれません。

とはいえ、一社ずつ調べる時間もないし、差額も大した事はないので、私はココで見積もりしてよかったと思っています^^v

 

まとめ

今回は火災保険と地震保険についてまとめてみました。

少規模でマンション投資をしている大家にとって、保険料は決して安い買い物ではありません。

でも、最終的に保険加入の決め手になったのは【保険に入るメリット】がデメリットを上回ったからでした。

  • 火災・台風・長雨・地震など自然災害が増えてきている今、リスクに備えられる!
  • 入居者用保険では補償対象外になっている部分をイッキにカバーできる!

 

私たちにとって不動産投資は、人生の全てではなくて、あくまで投資案件の1つでしかありません。

本業の仕事があるし、家事育児にも忙しいので、不動産に多大な時間を割くのは難しいです。

しかし一方で、万一の事があった時、何十万〜何百万も修理費用がかかることもあるのが、このビジネスのリスクです。

 

いざという時に大事な物件を守る火災保険、小規模オーナーにこそオススメです。

あなたにぴったりの保険がきっと見つかるはずです。

サクっと見積もりして、サクっと本業に打ち込みましょう!

 

\業界トップクラスの取扱数/
ズバっと簡単見積もり!!




火災保険の見積もりはこちら

上手な資産運用の始め方

「結婚した。子供が生まれた。でも貯金がどうしてもできないから、強制的に引き落とされるつみたて定期に入って安心」・・なんておバカさんのすること。

学資保険はまだしも、つみたて定期は投資家目線では「死に金カテゴリー」に入ります。

 

少し厳しい現実を書きます。

FPさんはどうして働いてると思いますか?

お金持ちになれてないからじゃないですか?

 

「本当の資産運用」ができていてお金持ちならFPのような雇われ仕事はしませんよね?

もちろん若くて経験の浅い人なら仕事のためにFPという肩書きは必要だし、マネーリテラシーを広めたいという理念を持つ実業家さんも良いです。

でも言い方は悪いですが、例えば定年間際までサラリーマンでFPをやっているような方は、少なくとも「お金持ち」のカテゴリーからは外れます。
彼らは定年間際までついに「ラットレース(雇われ、使われた人生)」から抜け出せなかったのですから。

そんなラットレースの敗者のマニュアルトークに踊らされてちゃダメ。

 

情弱を卒業しよう。独立した資産家になるために。

相手がFPであれ誰であれ、踊らされてしまうのはアナタが「情弱(情報弱者)」である証拠。
自分の目できちんと情報を精査して、リスクを理解した上で体験し、比べてさらに理解を深める。

それが本当の意味での資産運用です。

全て自分の責任。そんな時代が来ました。

情報弱者コテコテ日本人のままでいるのは今日で最後にしよう!

おすすめ著書や投資マインドを更新していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

おすすめ記事

1

投資を始めたいけれど、本を読んでもいまいちピンと来ない。 とはいえ、投資セミナーなんて怖くて行かれない・・・。   その気持ち、よぉぉーーく分かります! 私も最初、投資の本やネットの情報を読 ...

2

投資を始めてみたいけど、マネーについて何から勉強すればいいの?自分に合うのはどんなこと?本を読んでもよく分からなくて結局迷子に・・・(==; こんな不満を持っている方は少なくないかと思います。 私もは ...

3

こんにちは。   先日の「かぼちゃの馬車騒動」で一躍有名になってしまった「スルガ銀行」ですが、他にもヤンチャしていた銀行があったようです。 今回(2018年7月13日)に発表された記事では「 ...

-不動産の保険
-

Copyright© 投資用マンション、現金で買っちゃいました。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。