【節約術】電力自由化の波に乗って経費削減を実現したい

主婦は「いかに節約するか?」「いかに得するか?」を考えて行動するものですよね?

節約するべき項目は多岐にわたりますが、
実は「固定費」を削減することが貯金を実現するために一番重要なこと。

でも食費や被服費などは気軽に削減できるのですが「固定費の削減」はなかなか前に進めることができないのではないでしょうか?

今回はなかなか実現できない「固定費削減」のチャンスが到来しているという話しをしていきます。

2016年4月から始まった「電力自由化」

継続は力なり!一緒に頑張りましょう!!

さて、2016年4月に始まった「電力自由化」

ついに我が家も完了しました!

いや・・・アナタ、節約・節約言っている割に、電力自由化には手を付けていなかったの??(=”=)ふーん。

という冷たい突っ込みはナシにしてください・・。笑

というのも、我が家は転勤の可能性がちょっと高めで、また資産構築のためにも、自宅は購入せずに賃貸アパートにしています。なので、住居にかかわる基本メニューにはあんまり手を付けずにいました。

節電とか、そういうのはこまめに心がけてはいますけれど。

さて、やりますか。電力自由化。

電力サービス会社は多岐にわたります。

ランキングなどでは、エネオス電気、ソフトバンクでんき、昭和シェルでんき等、ライフスタイルに合わせられるサービス会社が人気のようですね。

そんな中、我が家が東京ガスにしたので、その時にチェックしたポイントをシェアしたいと思います!

【契約】賃貸派は持ち家派に比べて縛られるのが嫌い!?

 

「固定費」削減ができない理由の一つに「賃貸」だから勝手に電気会社を変えられない事情があります。

電気会社を変えるために、大家さんや管理会社に交渉するもの面倒くさいし、そもそも勝手に選べるかどうかも知らない。。。

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

そんなにお得じゃないのにワザワザ交渉したくないですよね?

とんでもないドMだったらまだしも、それに縛られたくないですよね?!

他社と比べてものすんごいお得なら、縛られるのもアリかなーとは思いますけれどね。

しかしながら、節約云々の前に、意味の無いお金は使うべきではないですよね。

実際いくらかかるのよ?その無駄金はっ!

ざっくり調べてみました。

ソフトバンクでんきの【電気料金】は安い、でもお得意の2年縛りがあります。

 

我が家は携帯会社がソフトバンク、自宅のインターネットもソフトバンク光なので、
普通に考えれば格安になるであろう「ソフトバンクでんき」への乗り換えが一番お得になりそうなんですよね。

でもですね。

ソフトバンクでんきは2年縛りがあるんですよ・・・

ソフトバンクでんきは料金プランが3つあります。これによって解約金も変わってくるようです。

あまり電気を使用しない家庭に適したスタンダードSは540円、標準的なプランのバリュープランは2,500円、使用電力が多い家庭に適したプラミアムプランは5,000円だそうな。

うちは電力量的にはバリュープランなので、解約金がかかるとすると2,500円だと思いますが、高いなぁ~。

シミュレーションしたところ、うちの場合は3,000円ちょいだったから、2,500円っていうとほぼ1年間の節約分じゃないですか!

しかも、今年はソフトバンクの2年契約が終わるため格安SIMにしようと考えていたので、ソフトバンクじゃなくなるので、さらに意味ない。と思ったわけです。

ガソリン系電力会社も安い、車を持っていればお得。

 

また、車をよく運転する人はENEOSとか昭和シェルでんきが人気のようですね。

電気を契約していると、ガソリンが1リットルあたり10円も安くなったりするそうで・・・
(割引はひと月あたり150リットルまでなど上限があるので注意)

非常に興味がありますね(@@)

しっかーーし。

これも、縛りがありました。

2年間のうちに解約すると、解約手数料1,080円がかかるそうです。
まあ、1,080円ならいいかなー。でも年間の割引額の目安3,000円と比較すると、結構なボり方・・・
しかもうち、車ないからガソリン割引は必要ないという(笑)

そんなこんなで1年間、いろいろと検討を重ねた結果・・・

とうとう東京ガスの「ずっともプラン」なるものを発見!

じつは東京ガス、他のライフハックブログ記事などではあんまり評価が高くないんです。

私ががっつり参考にさせていただいた某サイトでは、

1位がENEOS、2位がソフトバンク、3位が昭和シェル、4位が東京ガスでした。

でも、でもですね。

東京ガスだけ「縛り」がないんですよ~。

しかも、シミュレーションしてみた結果、我が家では年間3,000円くらい節約できるそうでした。ソフトバンク光だと3,300円なので、そんなに開きはないですかね・・・

という事実から、東京ガスにほぼ決まりました!

 

東京ガスのポイント付与率を真剣に考えてみた

 

ポイントだってバカになりませんね。これも比較検討項目に入れましょう。

東京ガスと電力の契約をしていると、ガスパッチョポイントなるものも貯まります。

ガスと電気の支払いの1%がアカウントに付与されるそうです。

しかも「myTOKYOGAS」に登録すると、
1,000円につき15ポイントが付与されるので【1.5%】
*「1,000円につき」というのがちょっとクセモノです。

そうは言っても、このポイント還元率は、他社と比べると結構良いようですね~。

ENEOSでんきのポイントは、Tポイントを登録すると200円で1ポイントが付きますので【0.5%】
それを更にクレジット「ENEOSカード」で支払うと、1,000円で6ポイント付き0.6%で、Tポイントと合わせると【1.1%】
しかも、ENEOSカードでなく他社のカードで支払ってもお得があるのが特徴的です。
たとえば、
「ANAカード」で支払うと200円ごとに1マイル自動加算。0.5%と低いですが、マイルを貯めたいならこれもあり。
TOYOTAの「Tsキュービックカード」だと1,000円につき10ポイントのところ1.5倍の15ポイント加算。

*このあたりは各社カードをどの程度使うかによって好みは分かれそうです。

昭和シェルは、会員費のかからないポンタ現金カードだと、1リットルあたり1ポイントなので、最近のガソリン価格130円くらいに1ポイントなので、還元率にすると【0.76%】くらいですね。
こちらも「シェル-pontaクレジットカード」で支払うとポイントが2倍になるので、そうすると還元率は1.52%となりこちらの方がお得です。ただし、このクレジットカードは年会費(初年度無料、次年度以降は税別1,250円)がかかるそうですので、ちょっとこまかい管理が必要ですね〜。

話をガスパッチョポイントに戻します。

こう見てみるとENEOSも結構よいかな?と思いますが、うちはガソリンの割引が要らないので、お得をフル活用できないのが悲しい。

東京ガスの、リスクがなくて還元率が1.5%というのはまあ良いほうかな?

貯まったポイントは、Tポイントやドコモのdポイント、楽天ポイント、イオン系列のワオン、ローソンのポンタなどに移動させることができるので活用もできますしね!

500ポイントごとの交換になるようで、あんまり貯まるスピードは期待できませんが、ないよりはマシですかね・・^^;

電気+ガス代で月あたり1万円以上支払うので、ひと付き150ポイントです。

6か月では800円分、1年だと1,600円分は貯まる計算になりますね。

このポイントも基準の3,000円に上乗せする形で節約料金と考えると、年間あたり4,600円くらいお得な計算になりますね。

このポイントを貯めるには「myTOKYOGAS」に登録しておかなければいけないので、忘れるべからずです。

まーここまでつらづら書きましたが、結局のところ転勤などの予定もなく、自宅も持ち家、車もある、というのであれば上にあげた3社も人気のようですよ(^^♪

参考になれば幸いですm(_ _)m

追記

※2017年3月30日追記。

再度検討の末、我が家はソフトバンクでんきに鞍替えする予定です。

理由は、自宅のインターネットがソフトバンク光なので【おうちセット割】の摘要を受け、毎月200円割引(一世帯あたり)になるためです。

懸念されていた解約金は、我が家のような電力の使用が少ない一般家庭のプラン『スタンダードプランS』の場合540円のみ。

しかも、電気料金の割引率も他社と遜色ないどころか、他社よりも良い様子。

これに年間2,400円の割引が積み重なり、東京ガスよりもお得になる模様。

調べてみると、色々分かる事が多く悩まされますね。

他にもJcomとかauとかありますが、つまり

  • 他のサービスでも利用している場合(携帯、インターネット回線など)プロバイダをまとめると超お得!
  • ガソリン系電気は、車によく乗る場合超お得!
  • 上記に当てはまらない場合、東京ガスが違約金もなくシンプルにお得!

こういうことのようでした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です