「宵越しの銭は持たない」金銭感覚が違う妻や夫を貯金体質にする方法【準備編】

今回は、
「宵越しの銭は持たなねぇ」とキッパリ言い切る妻を1年間で貯金体質にした話をします。

長くなるのでシリーズにしてお伝えしていくので、今回は【準備編】と題しています。

僕の調教ステップでは、この後に【アメとムチ編】があるのですが、その前段階として
「同じゴールを目指している」「チームプレー」の感覚を共有するために、僕は妻に【危機感】を持たせました。

今回はそんな【危機感の重要性】についてお話しします。

 

突然ですが、

 

あなたはパートナーと金銭感覚が合っていますか?

 

「100%合っている」と即答出来る方は少ないはずです。

そりゃそうですよね。

そもそも、男と女は性別が違いますし、
さらに夫婦となると他人が一緒になるわけですから、

金銭感覚が一致するほうが稀です。

それから、

まだパートナーと「金銭感覚が合っているかわからない」という方もいると思います。

そのようなパートナーとの金銭感覚のズレや不一致はとても頭を悩ませますが、

お互いの努力によって近づけることができるんです。

で、僕がズボラ妻を貯金体質にするために行ったことは・・・!?

 

やっぱり「金銭感覚を近づけること」です。

 

なんか簡単そうに見えませんか?

そうです。意外にも簡単なんですよ。

難しい方法でパートナーを調教するわけではないので、はっきりと言って誰でもできます。

特にこれから新婚生活を始める方や、金銭感覚の不一致でお困りの方に参考になるはず。

また、パートナーが男性でも女性でも今すぐ実践できるので、

 

  • 夫婦で貯金がしたい
  • 海外旅行に行きたい
  • 豪華な披露宴をしたい

 

などの目標がある方は是非チェックして下さい。

 

まずはじめに、お互いの保有資産を確認することからスタートです。

では行きましょう。

 

【金銭感覚のチェック】アラサー妻の通帳公開します。結婚資金が無い独身女性がいるなんて・・・。

 

結婚後、お互いの貯金額を見せ合う事になった僕たち。

その時、初めて妻の貯金額を知り本当に驚きました。
さっそくですが、その驚きの通帳を公開します。

▼は結婚当初の妻の通帳です。

 

えーっと、、最後に記載されている残高は、

・・・3,789円

ですね。

しかも、よく見ると、3日後にはお金を引き出してます。

ということは、

 

アラサー妻の貯金残高は・・・789円!?

 

つまり、妻の貯金はゼロだったのです。

常にギリギリの生活。。。

そんな妻に僕は思い切って質問をしました。

[st-kaiwa6]貯金ゼロで今までどうやって生きてきたの?[/st-kaiwa6] [st-kaiwa1 r]テヘヘ。なんとなく・・・かな?[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]え、、どうゆうこと・・・。

なんか、生活の知恵とかがあるのかな?[/st-kaiwa6] [st-kaiwa1 r]う〜ん。特にないけど、

「宵越しの銭は持たねぇ」的な感じで、楽しく暮らしてたと思う(笑)[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]お〜、、・・・それはそれは豪気なものですね。[/st-kaiwa6]

 

貯金の無い生活など怖くて考えられない僕には衝撃的なライフスタイル。

 

あまりの金銭感覚の違いに、心が折れそうに。

しかし、

妻を貯金体質にすることはあきらめませんでした。

 

【金銭感覚の麻痺】アメとムチを実践する前の確認事項・・見栄で物を買ってしまった過去を振り返る。

 

見栄って大事ですよね。

見た目に気をつける女性はハッキリ言って魅力的です。

妻も例にもれずお洒落が大好き。

特にシャネルが大好きなシャネラーです。(分不相応にも)

それはそれで人の価値観なので否定することはありません。
むしろ、お気に入りのブランドがあった方が個性があって素晴らしいと思います。

 

しかし、問題なのは購入した高級品を・・・

  • もったいないから使わない
  • もったいないから使いたくない
  • いつかは使うから大切にしておく

という状態です。

 

ギクッ!!

 

とした方は要注意。

 

このような状態になっている人にはそれぞれ言い分があるはずです。

言い分は、

①買ってしまった理由
②使わない理由

が多いと思います。

[st-kaiwa6]正直、僕にはこういった経験がほぼないので、妻の気持ちは分からないんですが・・・[/st-kaiwa6]

代表例として、妻の言い分を紹介します。

 

①買ってしまった理由

[st-kaiwa1 r]欲しい物がないのに大好きなシャネルに入店したら、超可愛いピアスを見つけて、

何も買わずに変えるのはちょっと恥ずかしくなって、買っちゃった。[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]そうゆうことね・・・
(そんな事あるのか・・)[/st-kaiwa6] [st-kaiwa1 r]女友達と行ったグアム旅行で、友達がブランド品を買ったから、

私も「いいなぁ」と思って買っちゃった。
(半笑い気味に)[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]なるほどね・・・
(むむむ。ますます分からん・・)[/st-kaiwa6]

という感じ。

 

②使わない理由

[st-kaiwa1 r]だってこれは友達の結婚式とか特別な日に使うものだから!(ちょっとキレ気味)[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]ふ〜ん・・・[/st-kaiwa6]

というものが大量ストックされていたり、

[st-kaiwa1 r]夏の海で遊ぶ時に、ちょっと高級なレストランがあったら使うの♪[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]そうなんだぁ・・・
(そんな日は本当に来るのか?)[/st-kaiwa6]

と言ったり、

[st-kaiwa1 r]派手な業界から転職してライフスタイルが変わったから、

今は使っていないけど、思い出があるから捨てたくないの。[/st-kaiwa1] [st-kaiwa6]ふむふむ・・・[/st-kaiwa6]

 

という理由。こんな風に過去の振り返りをするだけで、

妻がたびたび「見栄やその時のフィーリングで物を買っていた」ということを知りました。

 

これは人ごとではないですよ!?

 

あなたも見栄で物を買ったことがあるんじゃないですか?

 

もしあったとしても、もちろん、問題はありません!

なぜなら、それは過去の話。

大事なのは「これからの話」です。

 

【物の価値には有効期限がある】お金に関する過去の反省は、夫婦の未来を語り合う大チャンス。

 

過去に買ったものをすべて処分しろとは言いませんし、冠婚葬祭用で必要最低限のものは持っているべきです。

しかし、【今現在】使っていないものが【今現在】も価値があるかどうかを知る事はとても良い勉強になります。

「物の価値には、有効期限がある」ということを認識して下さい。

 

このように、今まで見栄で買っていたものを振り返ることは、

節約生活を始める上でとても重要な事になります。

 

ここで、僕から妻への言葉は・・・

[st-kaiwa6]その時に見栄で買った20万円のバッグを我慢していたら・・・

今は20万円お金持ちになっていたはずだよね[/st-kaiwa6] [st-kaiwa2 r]確かにそうだね。
(でも多分、他のバッグ買ってただけかも)[/st-kaiwa2] [st-kaiwa6]過去の事は仕方ない。

でも、これからは、見栄を捨ててハワイ挙式に向けて頑張ってもらうからね![/st-kaiwa6] [st-kaiwa1 r]うん。これからはよく考えて物を買うようにするね♡
(シュークリームはこっそり買おうっと。)[/st-kaiwa1]

 

でした。

 

とにかく、過去を攻めるのではなく、
過去の出費が今の自分にどう影響を与えているかを理解してもらうのです。

【↑ココ↑は重要なポイント!】

 

見栄を捨てることで、自分とパートナーの金銭感覚が少し近づくはずです。

これからの明るい未来を共有するためにも、

今からパートナーとオープンな関係性を築いて、楽しい節約生活を始めて下さい。

 

さて。

現在の預貯金額と金銭感覚マヒの現状を確認できたところで、

つぎは、「危機感」の重要性について話して行きます。

[st-kaiwa6]ミランダの場合、金銭感覚は相当ぶっ壊れてたので、何から手を付けていいか分かりませんでしたが、手当たり次第に締め付けました。(笑)[/st-kaiwa6]

 

江戸っ子の感性は現代では通用しない!お金に対する危機感を持てば自然と貯金ができるようになる。

 

貯金体質になるコツは・・・「危機感」を持つことです。

「危機感」の無い人はビンボーまっしぐら!今すぐ改善をするべきです。

まずは、妻の「江戸っ子スタイルを良し」とすることを厳しく指摘!

江戸っ子は古き良きコミュニティー内で暮らす人たちのことを言います。

現代で「宵越しの銭は持たなねぇ」と粋がっているのは、単身で守るべき物がない人たち。
あるいは、ある程度の資産がある人か、本当はかなりの収入がある人だけでしょう。

そもそも、江戸時代でも通用した考えかというとそれも疑問です。

給料を全部使いきり、困ったら誰かに助けてもらう人。

 

あなたはそのような人を助けたいと思いますか?

 

普通は助けたくないですよね?

「お互いさま」という世界は素敵かもしれませんが、残念ながらそんなに世の中は甘くないのです。

そのとき楽しきゃいい、欲しいものは我慢せずに手に入れる、
「なんとかなるでしょ?」的な楽観主義者は、世間一般でいうダメ人間

[st-kaiwa6]しかも、そのような楽観主義者の多くが「頑張ってもお金が貯まらない」とか口にするもんだから困りもんです。[/st-kaiwa6]

しかし、

そこまで楽観的ではなくとも、比較的お金にルーズな人は「危機感」がないと言えます。

 

楽観的な人間で「お金が貯まらない」と言う人に共通しているのは「危機感のなさ」

結婚後も楽観的な考えをもっていると、想定外の変化に対応しきれなくなってしまう・・

というトラブルに見舞われることがあるかもしれません。

たとえば・・・

  • 「とりあえず、今の会社で要領よく仕事していれば生活に困らない。
    →やむない理由で会社を辞めることに
  • 子供はいないし、車を購入する予定もない。
    →子どもが生まれたら車の移動が必要に
  • 老後は不安だけど、実家をいつか相続できるからなんとかなる。
    →相続してもらえると勝手に思っていた実家は売却され、親が全額使うことに
  • 大きな夢はないから、大きな損もしない。だから、毎日楽しく過ごしたいと思っている。
    →夫婦で世界一周旅行という夢を持つように

こんな「まさか」が簡単に起こってしまうのが人生ですよね。

[st-kaiwa6]期待していたものに裏切られたり、まさかの出費が重なったら「お金を貯めておけばよかった・・・。」となるものです。[/st-kaiwa6]

「危機感」がないと、明るい未来や自由な選択肢を失う可能性があります。

 

結婚生活に備えあれば憂い無し。

 

今からでも遅くはありません。「危機感」を持って節約生活を始めましょう。

 

まとめ:ズボラ妻が徐々に貯金体質に!「危機感」を持って節約生活を頑張ろう。

 

今回は貯金体質になるための「準備編」について話をしました。

いま思えば、

この節約生活を通してズボラ妻が1年で貯金体質になったことが嘘みたいです。

 

ここで、

あなたのパートナーを貯金体質に導くステップを再度確認しましょう。

 

  1. お互いの保有資産の確認する
  2. お互いのお金に関する過去を共有し、明るい未来について話し合う
  3. 「危機感」を持って節約生活に励む

 

このように纏めると、

金銭感覚を近づけ、パートナーを貯金体質にすることが簡単そうに見えませんか?

本当に難しくない、とても簡単な事なんです!

 

特に新婚夫婦にゴールを共有すると節約効果は絶大。

 

大事なことは、根気よくあきらめないことです。

 

是非あなたにも夫婦の夢を叶えて欲しいと思います。

また、節約生活についての「アメとムチ編」は現在作成中です。

楽しみにお待ち下さい。

 

最後に:パートナーの良い所は変わらないで欲しいと思う

 

今もですが、妻ミランダはちょっとしたことがきっかけで消費に走ろうとします。

新しく出来た雑貨屋さんに暇つぶして入店すると、

[st-kaiwa1 r]「あっ。このマグカップ可愛い〜♪欲しいよ!買ってイイ?」[/st-kaiwa1]

とミランダ。

案の定、僕の答えは、

[st-kaiwa6]「マグカップは家にあるでしょ?絶対に買わない!」[/st-kaiwa6] [st-kaiwa2 r]「ドケチ。。。たまにはいいじゃん!だって、、バレンタイン限定だよ?結婚5周年だよ?」[/st-kaiwa2]

となります。

 

基本的に感情的な商品の購入はお金持ち夫婦を目指す僕たちにはご法度。

しかし、そのように揺れ動く乙女心というのはカワイイものです。

もしミランダが僕のようなドケチになってしまったら・・・正直、「寂しいなぁ」

毎日「ビシバシ」調教しておいて、
妻の良い所は変わらないで欲しいと思うのは贅沢なのかもしれませんね(笑)

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です